USJの建物のリアリティが凄すぎる。神戸〜大阪の旅2日目

前回の記事『そうだUSJ、行こう。神戸〜大阪の旅1日目』の続き。

2日目はいよいよ人生初のUSJ。
朝9時オープンということなので、その前に着くように出発。ホテルからUSJまで電車を乗り継いでだいたい30分くらい。ワクワクしながら駅に向かいました。

そうそう、関東在住の僕らが一番最初に「ここは関西だな」って実感したのは、大阪弁を聞くよりも前、エスカレーターに乗った時。

いなっちょ
うお、みんな右に寄ってる!

エスカレーターでじっとしてる人は右、歩く人は左なのです。テレビとかで見て知ってはいたけど、本当に関東と関西で全く逆になってる。

◯と△

USJに行こう

この写真は大阪駅。サラリーマンがたくさん。申し訳ない。僕たちはこれからUSJをエンジョイしてきますっ!

電光掲示板に◯とか△の表示があって、最初△は「電車遅れてます」的なことかと思ったんだけど、どうやら違うらしく、ホームに書いてある◯とか△のマークのところが乗車位置になりますよってことらしいです。
東京とかもそうだっけ?普段電車に乗らないからよくわかんないや。

USJに行こう

USJ到着

USJに行こう

ついにやってきましたUSJ。
もう15年も経つという事実に驚きを隠せない。

一刻も早く入場したい僕。その時妻が放ったまさかの一言。

アイちゃん
お腹すいた
いなっちょ
え?マジで?
アイちゃん
うん。お腹すいた
いなっちょ
フライングダイナソー乗るまで我慢できる?

そう、絶叫系が大好きな僕は、混雑する前に人気アトラクションのフライングダイナソーに乗りたいのである。

アイちゃん
お腹空きすぎて気持ち悪くなってきた

マズイ。大変にマズイ状況になった。
ここで食事なんてしていたら、フライングダイナソーに乗るのが遅くなってしまう。かといって、このまま妻の意見を聞かずアトラクションを優先すると言ったら僕はどうなってしまうのか。絶叫系より怖いことになるんじゃないのか。

選択の余地はありませんでした。
僕たちは駅前のコンビニに向かいました。

 

USJに行こう

食事を済ませ入り口に向かうとすごい行列。
事前にネットでチケット買っといてよかったー。

もしUSJに行くならWEBでチケットを購入することをおすすめします。チケットカウンターに並ばないで済むだけでもかなりの時間節約になりますよ。スマホのQRコードを見せるだけでOK。

 

USJに行こう

お目あてのフライングダイナソーへ。
結構並んでるなー。

この時点で70分の待ち時間。
しかし結果的に2時間くらい待つことになりました。

途中で「安全点検」ってのがあって、数十分間まったく動かなくなりました。
調べたところこの安全点検はよくあるらしく、原因は誰かがポケットの中のものを落下させたとか、カメラで撮影しようとしたってのが多いみたい。迷惑な話だ。
(フライングダイナソーは、乗る時にすべてのものを棚に出す必要があります)

ハリーポッター

続いてハリーポッターのエリアへ。

USJハリーポッター

おぉー。ポッターたちが乗ってた車だー!

 

USJハリーポッター
いなっちょ
おおおぉーー!すげーーー!

まったくもってありがちな表現なんですが、リアルな建物といい奥行き感といい、まるで映画の中にいるみたいです!
映画を観たことがある方ならテンション上がること間違いなしであります。

 

すっかりお昼になっていたので、まずは腹ごしらえ。

USJハリーポッター

ヤァーー!

USJにはダチョウ倶楽部がいます
っていうのは実は嘘で、妻がお誕生日シールを貼っていたから、キャストの皆さんがハッピーバースデー!ってお祝いしてくれたのです。

 

USJハリーポッター

皮付きのトウモロコシがインパクトあります。
値段はちょっとお高めですねー。これで7500円くらいしました。3人前ってのもあるけど

味はそれなりに美味しかったです。ま、テーマパークですから過度な期待は禁物です。雰囲気を楽しみましょう。

 

USJハリーポッター

ポッターが魔法の杖を選んだシーンを再現できるオリバンダーの店へ。
ランダムで1人選ばれ、このおじさんとやり取りをします。あの映画のシーンに立ち会っているかのような臨場感。

いなっちょ
いや〜映画の中にいるみたいだったね!
アイちゃん
あのおじさん1日何回同じことやってるのかなー

男はロマンチストなのだ。

 

建物のリアリティがすごい

どちらかというとアトラクションよりその世界観を楽しみたい派なので、ここからは世界観を構築する上で重要な、建物に注目していきましょう。
枚数が異常に多いのでサササーっとどうぞ。

USJハリーポッター

まずはホグワーツ城。
凄すぎです。あの岩とか本物にしか見えないけど、全部モルタル造形らしいです。もう何年も前からそこにあるかのような存在感。

 

USJハリーポッター

あいにくの天気だったけど、それが逆にこの雰囲気に合っているような気もします。

ちなみにこの中には3Dメガネを装着して乗るアトラクションがあるんだけど、酔ってゲロ吐きそうになりました

USJハリーポッター

買っちゃった。
よくありますよね。アトラクションに乗ってる時に撮影した写真の販売。たぶんほとんどの人は買わないと思うけど、バカらしいと思いつつも僕らは割と買っちゃうタイプだったりします。
ちなみにこのハリポタのやつは今まででダントツに高かったです。そのお値段2800円

えぇ、引きますよねフツー。

USJハリーポッター

なんかね、笑えるんですよ。
カメラを意識してない完全に無防備な顔が。なんでメガネのズレを気にしてんだとかね。
今思うと、ドラゴンが吐いた炎の中で僕がゲロを吐いてたら完璧だったなと。

富士急の戦慄迷宮のやつなんかもうサイコーで、いつかこれらのコレクションをブログで記事にしたいなーなんて思うけど、妻に怒られるので書けません。

 

USJハリーポッター

内部も重厚な造り。
本物の石でできてるみたいだけどおそらくこれも作り物でしょう。エイジング加工のクオリティがハンパじゃないですね。

 

USJハリーポッター

壁一面の肖像画。もちろん動いておしゃべりします。

 

USJハリーポッター

溶けかかった雪が実にリアル。
石壁も重厚感あるけど、もちろんこれもモルタル造形でしょう。

 

USJハリーポッター

木羽葺きがいい感じ。

 

USJハリーポッター

煙突の曲がり具合がファンタジー。

 

USJハリーポッター

木があまりにもリアルで、木造か?とも思うけど、鉄骨でできてるらしいです。

参考:USJハリポタエリアの建設工事

 

USJハリーポッター

屋根が微妙に歪んでる。

 

USJハリーポッター

先ほど食事したレストランの入り口。

 

USJハリーポッター

レストランの天井部分。
天井がすごく高くて、キャットウォークがある。

わが家にもこういうキャットウォークがあったら楽しいだろうなーって思った。必要性はないんだけどね。

 

USJハリーポッター

このキャットウォークの木のわずかな繋ぎ目をよーーく見たら断面に木目があったので、これは木製なのかもしれません。さすがにつくりものだったらそんな断面の木目までは再現しないでしょう。

 

USJハリーポッター

この石壁の汚れ具合も見事ですねー。
近くでよーく見るとペイントだってわかるんだけども、この距離だと本当にカビてるみたい。

 

USJハリーポッター

この天井に至っては木なのかつくりものなのか全然わかりませんでした。

 

USJハリーポッター

ハグリッドの家。
石積みの家っていいなぁ。

以前、本物の石積みの家に行った時の記事もあるので、ぜひご覧ください。

関連記事:憧れの『石積みの家と緑の庭』へ

 

USJハリーポッター

近くでみるとやっぱりつくりものなんだなって思います。
やっぱり本物の持つ味には敵わないと個人的には思います。

 

USJハリーポッター

フクロウがたくさん。
梁がフンで汚れてるけどもちろんペイント。

 

ここからはハリポタ以外のエリア。
もうコメント書くのも大変なので写真だけ。

ユニバーサルスタジオジャパンの建物 ユニバーサルスタジオジャパンの建物 ユニバーサルスタジオジャパンの建物 ユニバーサルスタジオジャパンの建物 ユニバーサルスタジオジャパンの建物 ユニバーサルスタジオジャパンの建物

古電柱の質感。これは本物の木かなー。

 

ユニバーサルスタジオジャパンの建物 ユニバーサルスタジオジャパンの建物

 

夜は夜で素敵な雰囲気。

ユニバーサルスタジオジャパンの建物 ユニバーサルスタジオジャパンの建物 ユニバーサルスタジオジャパンの建物 ユニバーサルスタジオジャパンの建物 ユニバーサルスタジオジャパンの建物

 

もちろんアトラクションもたくさん楽しんだけど、ぷらぷらと散策するのもそれはそれで楽しいですよ。

正直1日では全然時間が足りない感じなので、いつかまた来たいな。

 

関連記事

スポンサーリンク
USJハリーポッター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。 フォトグラファーやってます。 映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。