ついにレモン収穫の時がきた

ついにレモン収穫の時がきた

2月のことになりますが、ついにわが家のレモンが黄色く実り、収穫の時を迎えました。実がなるまでに5年くらいかかると言われるレモン。嬉しさもひとしおです。

なんとなくレモンって夏っぽいイメージがありますが、実は冬が旬なんですね。

ついにレモン収穫の時がきた

最初は梅干しの種より小さかった膨らみ。それがだんだんと大きくなり、あの見慣れた形になっていくわけです。果実だから当たり前なんだけど、レモンが木にくっついている状態って初めて見たので、なんだか不思議でした。

ついにレモン収穫の時がきた

まだまだ小さな木なので収穫できたのはたったの二つ。

炭酸水で割ったジンに、スライスしたレモンをギュッと絞って家族みんなで飲むことに。表面にはレモンの皮から染み出たオイルが浮かんでいます。もちろん防腐剤やワックスなんて使っていないから安心安全。一口啜ると爽やかな香りが鼻に抜けました。

いなっちょ
うまい!

もっとたくさん収穫できるようになったら、今度は蜂蜜漬けとか作ってみよう。

それからわが家にはライムの木もあるのですが、こちらはまだ一度も実をつけたことがありません。今年こそはと期待して!

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。 フォトグラファーやってます。 映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。