ノエルが掲載された『うさぎの時間no.19』が届いた

うさぎの時間

わが家のノエルが載ったうさぎ専門誌『うさぎの時間』が送られてきました。

特集が『うさぎのおしり学』という、なんともマニアックな内容。

私たちはなぜうさぎのおしりに、こんなにも惹きつけられてしまうのでしょう。

わかる。

あのまぁるくてふわふわなおしり。たまにしっぽがフリフリって動いて、んーたまらん!ってなるわけです。

めくってもめくっても魅惑のおしりおしりおしり。ここまでおしりにこだわっているのは、タモリ倶楽部かうさぎの時間だけでしょう。

ここまで書いて冷静に読み返してみると、30も半ばのおっさんが「おしりおしり!」って、どう考えても気持ち悪いのでおしりの話題はここまでにしとこう。

ちなみにわが家のノエ様は『おまけつきのおしり』ってことで載ってるので探してみてくださいね。ぶっちゃけウンコくっ付いてるんですけどね。

 

かわいいうさぎたちがわんさか登場してるんだけど、中でも気になったのはこの子。

うさぎの時間

あんた。いくらなんでもそりゃやりすぎでしょうよ。
ぱっと見ボールか何かにしか見えないでしょうよ。

でも抱き枕とかにしたら気持ち良さそうだなぁ。
朝起きたらウンコだらけだろうけど。

 

関連記事

スポンサーリンク
うさぎの時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。 フォトグラファーやってます。 映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。