カモミールのアブラムシ対策について考える

先日カモミールを収穫して乾燥させたんだけど、とにかくアブラムシを取るのが大変でした。
やはりその前段階、アブラムシを付けないというのが肝心なよう。
そこで、どのような方法があるのか調べてみました。口にするものなので、できるだけ農薬に頼らない方向で。

牛乳スプレー

一番手軽なのが牛乳スプレーのようです。
牛乳を水で希釈したものをスプレーするだけ。晴れた日に吹き付けてよく乾かすのがコツ。

安上がりでいいんだけど、牛乳臭くなりそうだなぁ。乾いた後にしっかり洗い流さないといけなく、不十分だと腐敗したりカビの原因になることもあるらしいです。

キラキラしたものを敷く

アブラムシはキラキラと反射した光が苦手らしく、株元に何か光を反射させるものを敷くといいそうです。
安全性という点ではもっとも安心。ただ、うーん、見栄えがイマイチになりそうだなぁ。

ニームオイル

ニームオイル

次にみつけたのが、ニームオイルという、インドセンダンの種から採れるオイルをスプレーする方法。このニームオイルがアブラムシに効果があるらしいのです。

ただ、普通のニームオイルは独特の匂いがあるらしく、部屋の中で使うのは厳しいみたい。
僕が購入したオイルはレモングラス配合で、その独特の匂いを抑えたものになります。レモングラスの抗菌作用も期待できそうですね。

100ml入りですが1000倍に希釈して使用するので、1本あれば100L作れます。結構コスパもいいんじゃないでしょうか。

安全性について

米国基準では最も低毒性に分類されているようです。光によって分解されるので残留も少なそうです。その分定期的に散布する必要がありますが。

美容目的で肌に使用することもあるみたいなので、安全性はかなり高いと言えると思います。

散布してみた

早速1000倍に希釈してスプレーしてみました。

ほんのちょっとしか使わないので、計量するときにスポイト的なものがあった方がいいですよ。

 

全体にまんべんなく散布。レモンのいい香りが漂います。

殺虫というよりは忌避効果なので、しばらく様子をみてまたレポートしたいと思います。アブラムシがいなくなるといいんだけど。

関連記事

スポンサーリンク
ニームオイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。 フォトグラファーやってます。 映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。