ライムとフェイジョアを買ってきた

ライムとフェイジョア

わが家のポタジェガーデンにライムとフェイジョアが仲間入り。
食いしん坊な僕らのことですから、ライムを買ったのは食べられるからだってのは想像に難しくないと思いますが、フェイジョアって何だ?とお思いのことでしょう。
勘のいい方はお気づきかもしれません。
そう、フェイジョアも食べられるのだよ。
もう一度言います。
フェイジョアは食べられるのだー!

フェイジョアとは

▼以下のサイトが参考になります

魅力いっぱいフェイジョア:タキイネット通販
フェイジョアを育てよう:タキイネット通販
フェイジョアの育て方:トロピカルフルーツネット

フェイジョアの別名は「パイナップルグァバ」。よくパイナップルとリンゴ、バナナをあわせたような味とか、キウイとモモをあわせた味などと紹介されますが、個人的にはパイナップルにイチゴをあわせたような味に近い気がします。完熟した果実を輪切りにしてスプーンで食べると、よい香りがして最高のおいしさです。

出典:タキイネット通販

こ、これは最高の果樹なんじゃなかろうか。ひとつの実に美味しい果物が全部入ってる。それだけじゃないよ。花はほのかに甘い味がするのでエディブルフラワーとしての用途もあり、さらに花と葉が美しいので花木としての価値も十分ときた。まるで十得ナイフのようなお得さがあるじゃあないか。

なんでもこのフェイジョア、1970年代に日本でもブームになったそうだけど、輸入品の品質が悪かったりしたのもあって、あっという間にブームが終わってしまったそうです。なんてもったいない。

わが家ではMammoth(マモス?マンモス?)って品種を買いました。(実が付いてたから)
自家結実性がないものが多いので、収穫するなら違う品種のものを混植したほうがいいみたい。あとでもう1本買おうと思います。トライアンフって品種がいいかな。かっこいいじゃないですか。名前が。SFとかに出てくる武器みたいで。
収穫が楽しみだなぁ。美味しいポタジェに向けて着々と進んでおります。

 

関連記事

スポンサーリンク
ライムとフェイジョア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。
フォトグラファーやってます。
映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。