鴨居をリメイクして作った特大テーブル

昔母屋のほうで使ってたらしい鴨居が大事に取ってあって、いつか何かに使おうと思ってたんだけど、ついにその時がやってきました。

鴨居(かもい)
和室の襖や障子などの建具を立て込むために引き戸状開口部の上枠として取り付けられる横木。建具を滑らせるために溝を彫られる。

それがこちら。

鴨居をリメイクして作った特大テーブル

超分厚いテーブルになりましたよ。両側で12人以上座れそうなくらいデカイです。2間だからだいたい3.6mくらい。なんて贅沢な!
しかしこれがめちゃくちゃ重くて、たぶん100キロ位あるんじゃないかと思います。もし倒れてきて足を挟んだら2次元になりそうなので、しっかりと固定。

雨ざらしになってちょっともったいない感じもするけど、他にこれといって使うところもないし。一応防腐剤はたっぷり塗っておきました。何年もつかなぁ。

あったかくなってきたら、ここでハーブティーでも飲みながらまったりしたいな。

関連記事

スポンサーリンク
鴨居をリメイクして作った特大テーブル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。
フォトグラファーやってます。
映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。