ポタジェガーデン、来年に向けて

ポタジェガーデン、来年に向けて

コツコツと進めてきたポタジェガーデンづくり。ある程度かたちになって、今年の春夏はたくさんの野菜を収穫することができました。スーパーで買うこともほとんどなく、野菜に関してはほぼほぼ自給自足することができたかなと。

とはいえ、まだまだ駆け出しなので改善点はたくさん。来春へ向けてちょこちょこ手を入れていきたいと思っています。

改善点

  • 野菜を作り過ぎたかも

食い意地がはってるもんで、とにかく食べられるものをたくさん作りました。で、どうなったかというと、食べきれずに収穫しないまま無残な姿になった野菜たち多数。時々おすそ分けもしたけどそれでも全然。自分たちの胃袋の大きさを過信しとりました。

次は野菜を少し減らして花や木を増やし、見た目に美しいポタジェガーデンを目指してみたい。

  • 使い方のよくわからないものたち

なんとなくオシャレかなと思って、フェンネルとかディルとか、あまりスーパーで見かけないハーブも育ててみたんだけど、普段の食事であまり使うことがなくて、ほとんど無駄にしてしまいました。来年は使い方をちょっと勉強してみよう。

  • コンパニオンプランツ

トマトとバジルなど、混植すると互いに良い影響を及ぼすコンパニオンプランツ。
「まるで私たちのようね」と妻は思っているに違いない(かもしれない)コンパニオンプランツ。今年はあまり活用できていなかったので、もっと有効活用していきたい。

  • 立体感のある空間

真っ平らな土地だし、今ひとつ立体感に欠けるのかなと。高低差のある植物をうまく配置したり、レイズドベッドを作ったりして高低差のあるガーデンにしたい。平らだとどうしてもガーデンというより畑感が強い気がするのです。

レイズドベッド:縁をレンガや石で囲った、床面を高くした花壇のこと。

スモークツリーとユーカリを植える

ポタジェガーデン、来年に向けて

ということで、まずは木を植えようということで、セッコの庭(←母が管理してる庭)からスモークツリーとユーカリを移植しました。うまく根を張ってくれるといいんだけど。

上の写真はユーカリ。下のがスモークツリー。

ポタジェガーデン、来年に向けて

オリーブ、フェイジョア、ミモザ、バラ、エルダー、スモークツリー、ユーカリと、背の高いものも増えてきました。

ここまで読んだあなたは「いなっちょって働き者ね!ステキ!」って思ったに違いないんだけど、だいたい両親の力でございます。はい。

関連記事

スポンサーリンク
ポタジェガーデン、来年に向けて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。 フォトグラファーやってます。 映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。