ポタジェガーデンにソーラーライト設置して雰囲気作り

ポタジェには電気が引かれていないので、当然夜になると真っ暗。灯りがあったら雰囲気が良くなるんじゃないかなと思って、何かしらのライトを設置することにしました。

家の方から家庭用電源を引っ張ってくることもできるけど、電気代かかるし、延長コードの見栄えがあんまりよくない気がする。結局、LEDのソーラーライトが一番手軽でいいんじゃないかということで、ネットでいい感じのライトを探しました。

 

ポタジェガーデンにソーラーライト設置

ブレブレで見づらいけど、このライトは以前からセッコの庭で使っているもので、点灯時間も長いし炎の揺らぎを再現していて、デザイン的にもまあまあ。古電柱の上の方にぶら下げてみました。

 

ポタジェガーデンにソーラーライト設置

次にみつけたのがこの電球型のライト。たくさんぶら下げたりするといいかも。

他にも結構探したんだけど、いい感じのソーラーライトってなっかなか無いんですよ。

だったら作ってしまえということで、先日訪れた那須の雑貨屋で購入した『買う予定でなかった商品2つ』のうちの1つ、中国製の安っぽいハリケーンランタンの中にソーラーライトを仕込んでみました。

ポタジェガーデンにソーラーライト設置

雨ざらしにして錆びてくれば、なかなかな雰囲気になるんじゃなかろうかと期待しております。

暗くなれば勝手に点くし、電気代もかからない。雰囲気作りにソーラーライトオススメですよ。

 

これもなかなか良さげ。

関連記事

スポンサーリンク
ポタジェガーデンにソーラーライト設置

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。
フォトグラファーやってます。
映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。