37。かかと。パイプユニッシュ

ついに僕も37歳になり、もう立派な紳士になったといって差し支えないと思う。しかしそんな僕にも悩みの種というのはもちろんあるわけで。

かかとの乾燥がとどまることを知らないのです。

ほんの数年前だったら、冬の間ガサガサになるのは仕方がないにしても、夏が来る頃には潤いを取り戻していた僕のかかと。

それが今では梅雨時の湿度をもってしても太刀打ちできない、立派な乾燥かかとになってしまいました。

やってはいけないと思いつつも、気がつくとつい爪でカリカリと皮を剥いてしまう。そんな僕を見た妻がこんなことを言ったのでした。

アイちゃん
皮膚って何でできてる?
いなっちょ
タンパク質……?
アイちゃん
髪の毛もタンパク質だよね?
パイプユニッシュを塗布すればいいんじゃない?
いなっちょ
えっ??
アイちゃん
塗布するの。トフゥ。フフフ。

あなたはご存知ないかもしれませんが、パイプユニッシュというのは、詰まった排水管を掃除するためのモノです。とても正気の沙汰とは思えない。同時に「トフ」の「フ」が吐息混じりになってるのもとても気になります。

しかし、このかかとをどうにかしなくてはいけないのは事実。

今度これを使って堅くなった皮膚を根こそぎ剥がしてやろうと企んでおります。

Happy Birthday 37才

37yearsold

普通そこは名前がくると思うんですが。

しかも「才」がやけに書道家が書いた感をアピールしてるし。
そしてこれだけ37を強調しているにもかかわらず、付属のローソクは10本

もうわけがわからない。

でもモンブランはとても美味しかったので僕は満足です。

完全に余談だけど、8月7日はのび太と同じ誕生日であることをお伝えいたします。

関連記事

スポンサーリンク
37yearsold

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。 フォトグラファーやってます。 映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。