浄化作用があるというホワイトセージを使ったら何気にショックだった

ホワイトセージをご存知でしょうか。

サルビア科の一種で、強い浄化作用があるとされるハーブです。ネイティブアメリカンの人々は神聖な儀式の際、邪気を払うためにホワイトセージの煙を用いたそうです。

わが家には以前オープンハウスをした際に頂いたホワイトセージが植えてあるのですが、株も少し大きくなってきたのもあって、葉を収穫し焚いてみることにしたのです。

浄化作用があるというホワイトセージを使ったら何気にショックだった

使い方は簡単で、乾燥させた葉の先っちょに点火し、炎が上がったら手であおいで火を消して皿にそっと置くだけ。煙は邪気のある方へ流れていくとか。

いなっちょ
わが家には邪気なんてないと思うけどね。

少しクセのあるさわやかな香りが漂います。

ふわふわ〜

ふわふわ〜

アイちゃん
ねえ
いなっちょ
うん?
アイちゃん
煙が全部顔に向かってるよ?
いなっちょ
うわっ!マジだ!全部こっちにくる。

これはどうしたことでしょうか。
なぜか僕の顔の方に煙が向かってくるのです。
移動しても移動しても向かってくるのです。

そんな僕をみて妻はこう言いました。

アイちゃん
顔が悪いんじゃん?

と。

なんだか涙が出そうなのはきっと煙のせい。

関連記事

スポンサーリンク
浄化作用があるというホワイトセージを使ったら何気にショックだった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。 フォトグラファーやってます。 映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。