アラジンブルーフレームをサブ暖房として稼働

アラジン ブルーフレーム

メインの暖房は薪ストーブ『シェルバーン』なんだけど、サブとしてアラジンの『ブルーフレーム』も稼働させてみることにしました。でもね正直ブルーフレームってあんまりあったかくないんですよ。木造住宅だとせいぜい8畳くらいまでかなぁ。見た目はすごくいいんだけどね。とはいえ使わないのももったいないし、インテリアも兼ねて運用していこうかと思っとります。脱衣場かトイレ専用にするのもいいかも。

青い炎が美しいアラジンブルーフレームだけど、わが家のはメンテ不足かちょっと赤い炎が混じってる。埃が少し溜まっただけでも赤くなっちゃうので、僕に似て結構デリケートで繊細なストーブだったりします。芯交換しないとかな。

11月だというのにすでに薪ストーブと石油ストーブの合わせ技。12月はさらにエアコンつけて、1月になったら……どうしよう。(いったいどれだけ寒がりなんだ)

スポンサーリンク
アラジン ブルーフレーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。 フォトグラファーやってます。 映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。