Amazonプライムがお得すぎて泣ける

Amazonプライム

登録してますか?Amazonプライム
固定費ってのが好きじゃない僕ら(好きな人なんていないと思うけど)。そんな僕らだけどAmazonプライムは契約してます。これお得すぎて素晴らしいです。普段Amazonで買い物するなら入らない理由はないと言ってもいいくらい。いや、買い物しなくても、読書や音楽が好きで映画とかアニメも好きなんだよねーって人は入ると幸せになれますよ。

どんなサービス?

年会費3,900円で以下の特典を受けられるプログラム

  • お急ぎ便・お届け日時指定便の配送料が無料
  • Kindle本が毎月一冊無料で読める
  • プライムビデオで映画やアニメが観放題
  • Prime Musicで100万曲以上の音楽が聞き放題
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • プライム会員限定先行タイムセール
  • 同居の家族を2人まで家族会員として登録可能
  • Amazonパントリーが利用可能
  • Amazon定期おトク便のおまとめ割引
  • プライム・フォトが容量無制限で使い放題
  • プライム会員限定の割引価格で『Fireタブレット『や電子書籍リーダー『Kindle』が購入できる
  • 注文から1時間以内に商品が届くPrime Nowが利用できる

すごくないですか?
これだけの特典が年3,900円月額にすると325円で利用できちゃいます。しかも30日間の無料お試し期間まであります。

僕たちもまだ全部の特典を利用したわけじゃないので、実際に使ってみてよかったなと思った特典を中心に紹介したいと思います。

お急ぎ便が無料

まずはこれ。買ったものは早く届いてほしい。もう待ちきれんわい!ってなっちゃう僕はとても嬉しいです。プライム会員になる前は有料でお急ぎ便使っちゃうこともありました。月に1回でもお急ぎ便を使うならプライム会員になったほうがお得なのにね。
しかもこれまであった配送料無料というのがなくなって、お買い物金額2,000円未満の場合は配送料が350円かかるようになりましたよね。これもプライム会員なら引き続き無料です。

プライム対象商品じゃないとダメです。
▶︎プライム対象商品=Amazon.co.jpが発送する商品

プライム・ビデオで映画見放題

わが家ではリビングにテレビを置いていないこともあって、ほとんどテレビを観ません。観ても週に1〜2時間くらいかな。でも映画は好きなのでレンタルとかするわけですが、プライム会員なら映画とかアニメが見放題なんですよね。もちろん全部が全部無料で観られるわけじゃないんだけど、無料のものだけでもかなりのボリュームがあります。

僕らはこの前『アルプスの少女ハイジ』を観ました。時々テレビで特集してるアニメ名場面集みたいなやつで、「クララが立ったー」ってところだけは知ってたけど、ちゃんと観たことがなかったのではじめから通して観ました。いやーよかった。ほのぼのするし泣けるし。ヤギを飼い始めたらユキちゃんって名前にしようと思います。

そうそう、プライムビデオは端末にダウンロードすることもできるので、出かけた先にネット回線が無くても観ることができるってのもポイント。わが家ではiPad Airにダウンロードして楽しんでます。

Prime MusicがBGMにちょうどいい

心地よいBGMが流れる家ってのに憧れがあって、今まではYouTubeで流してたんだけど、最近はPrime Musicにしてます。正直邦楽はまだちょっと弱いかなと思うけど、BGMにするなら洋楽のほうがよかったりするので気になりません。そのうちラインナップも充実するでしょうしね。
これのいいところは、様々なプレイリストがあって気分に合わせたセレクトができるところだったり、曲の好き嫌いを覚えてくれるシステムがあるので、だんだんと自分が好きな曲が流れるようになるってところです。
ちなみにPrime Musicもダウンロードすることができます。

Kindleで月1冊無料で本が読める

これも嬉しい。最近は紙の本より電子書籍で読むことが多くなりました。わが家は収納スペースがあまりないので、本を大量に置いておくわけにもいかないので。
Kindle端末を持っていれば月に1冊無料で本を読むことができます。お得やー。買うほどじゃないけどちょっと気になってたって本を読むのに最適。

あくまでレンタルという形になるので、新しい本を読むときは返却という作業をする必要があります。

 

どうでしょうか?他にもたくさん特典はあるんですが、これだけでも十分お得なのが伝わったんじゃないでしょうか。
以下のボタンから無料体験登録できます。ぜひお試しあれ。

関連記事

スポンサーリンク
Amazonプライム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。
フォトグラファーやってます。
映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。