木羽葺き屋根を水性塗料で塗装する

木羽葺き屋根をオイルステインで塗装する

リビングとキッチンの間にあるカウンター。そこは家のような見た目になっていて、まるで家の中に家があるかのような作りになっています。

その木羽葺き屋根を塗装することにしました。
今までは無塗装で木そのままの色でした。屋外だったら紫外線で焼けていい感じの色になるんだろうけど、屋内だとそんなの待っていたらじいさんばあさんになっちゃうからね。
少し暗めの色にしたくなって、選んだのはオリーブ色の水性塗料。木目を活かした仕上がりになります。

均一に綺麗に塗るよりはムラ感を出したかったので、刷毛ではなくタオルに染み込ませて塗ってみました。細かいところが塗れないのでそこは細筆で。

木羽葺き屋根をオイルステインで塗装する

イメージとしては、長年風雨にさらされ少し朽ちた感じなんだけど、まだちょっとその質感は出てないかなぁ。今後もちょこちょこと手を加えていこう。

関連記事

スポンサーリンク
木羽葺き屋根をオイルステインで塗装する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。
フォトグラファーやってます。
映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。