花粉症におすすめのハーブキャンディ『Ricola』を7種類買って食べ比べしてみた

花粉飛び交う季節になりましたねー。
ハーブには花粉症に効果的なものもあったりするので、今回は花粉症のあなたにおすすめのハーブキャンディをご紹介したいと思います。

それがこちら。
Ricola(リコラ)

Ricola

僕は知らなかったんだけど、これかなり昔からあるみたいで、調べてみると1940年に誕生したみたい。パッケージにSwiss Herb Lozengesと書いてある通り、スイスで作られています。

13種類のハーブエキス配合

アルプスの山々で採れた13種類の薬用ハーブのみを使用してるそうです。それが以下のハーブ。主な効能についても調べてみました。

  1. marshmallow(マーシュマロウ)
    粘膜保護作用。咳、喉の痛み、気管支炎などの炎症に効果的。
    かつてはお菓子のマシュマロの原料。
  2. horehound(ホアハウンド)
    強い苦味とハッカのような芳香
    鎮咳作用や去痰作用。咳止めや気管支炎、痰が絡む風邪のときなどに。
  3. burnet(バーネット)
    抗炎症、去痰作用など。
  4. cowslip(カウスリップ)
    鎮静、発汗、催眠、去痰、抗炎症、美肌、利尿作用など。
  5. elder(エルダー)
    抗炎症作用、抗ウイルス作用、収れん作用、解毒作用など。
    インフルエンザや風邪の症状に。
  6. speedwell(スピードウェル)
    止血、健胃、利尿、鎮咳、去痰作用など。
  7. lady’s mantle(レディースマントル)
    女性特有の不調に効果的。月経不順、更年期などの症状を和らげる。
  8. peppermint(ペパーミント)
    鎮静、精神安定、消化を助ける効果など。
  9. mallow(マロウ)
    呼吸器系の症状、消化器系の炎症を静める。
  10. sage(セージ)
    抗菌、抗ウイルス、強壮効果など。
  11. plantain(プランテン)
    粘膜を滑らかにする。便秘の予防・改善、咳止めなど。
  12. yarrow(ヤロウ)
    血液浄化、消炎、止血作用など。
  13. thyme(タイム)
    殺菌、抗ウイルス作用。防腐剤として用いられていた。

 

すごい効能の数々。ここに書いてない効能もたくさんあって、こりゃ効かないわけないでしょ!

フレーバー

今回まとめて購入したのは以下の7種類。
なんでこんなに買ったかというと、このRicola、アマゾンだと合わせ買い対象商品になっていて、お買い物の合計金額が2,000円以上にならないとダメみたいなんですよ。

  • エルダーフラワー
    マスカットみたいな風味。
  • クランベリー
    うん、クランベリーだ。
  • ブラックカラント(Amazonの取り扱いなくなってるっぽい)
    ブラックカラントなんじゃそりゃ?いわゆるカシスのことらしいです。
  • オリジナルハーブ
    これが一番メジャーっぽいです。味は、なんて言えばいいんだろう。効果ありそうな味ですな。
  • レモンミント
    口に入れた瞬間、すごくフレッシュなレモンの香りが広がります。
  • アップルミント
    甘すぎない本物のアップルの味がします。
  • アルペンフレッシュ
    すっきり爽やかな感じで、個人的にはかなり好き。

 

この中だと個人的にはアルペンフレッシュとエルダーフラワーが特に好きかなー。

 

↓エルダーフラワーのコーディアルについても書いてます。

空前のエルダーフラワーブームがきた。僕の中で。

2016.10.09

 

その他特徴

シュガーフリー

砂糖の代わりにイソマルトっていうのが使われているようです。イソマルトは血糖値に影響せず、虫歯の原因にもならないという、そんなうまい話があるんかいなと疑いたくなるような甘味料。
キャンディって砂糖の塊みたいな印象で、ちょっとカロリーが気になったりするんだけど、これなら安心。
その他に甘味料として、アスパルテーム、アセスルファムKなども使用されています。人工甘味料が気になる方は気をつけてくださいね。といっても、これらはローカロリー、ノンカロリーの食品にはだいたい入ってますけど……。

箱に簡易ロックがある

Ricola

今回購入したのは小箱タイプのもので、箱の中に直にキャンディが入っています。
この箱がなかなか考えられていて、写真のような作りによってロックがかかるようになっています。だからバッグの中にそのまま入れておいても、中で散らばってしまったなんてことにはならないです。絶対ってことはないだろうけど、今のところは大丈夫です。

まとめ

キャンディって、舐めた後に口の中がすごく甘ったるくなったりするけど、Ricolaはそれがありません。後味すっきり。どのフレーバーも本物の素材の味がして、人工的なフレーバーが苦手な人にもおすすめできます。メントールも強すぎず弱すぎずちょうどいい感じ。

なにより厳選されたハーブエキス配合で、花粉飛び交う季節に心強い味方になってくれること間違いなし。Ricola舐めて花粉に対抗じゃー!

いなっちょ
(実は僕は花粉症じゃないんだけどね)

↓Ricolaの購入はこちらから。(Amazonのページへ飛びます)
Ricola

関連記事

スポンサーリンク
Ricola

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。 フォトグラファーやってます。 映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。