続けることの難しさ。茨城の片隅でフランス生活5年目に向けて

続けることの難しさ。茨城の片隅でフランス生活5年目に向けて
リノベーション前のわが家

このブログ「茨城の片隅でフランス生活」を書き始めてもう丸4年経つということに気づきました。ワードプレスに引っ越す前の旧ブログ、その一番最初の記事が2015年3月4日。

飽きっぽい僕がよくここまで続けてこれたものだと思います。(まあ最近はだいぶ更新頻度が落ちてしまっていますが……。)

何でもそうだと思いますが、続けるというのは本当に難しい。特にブログはほとんどの人が1年経たずに更新をストップしてしまうと言われている世界。

できれば僕はこれからもずっとずっと続けていきたい。そのためにはモチベーションを高く保つことが絶対に必要です。

僕はたとえ楽しくて始めたことだとしても、ちょっとでも負担に感じてしまうと一気にモチベーションが下がってしまうというめんどくさい性格の持ち主。

最近はなんだか自分でハードルを上げていたようなところがあって、役に立つ記事を書かなくちゃとか、SEOを意識して云々かんぬんとか、楽しくて続けていたはずがいつの間にか窮屈になっていたんですね。

別にいいじゃないか。
誰の役にも立たない記事を書いたって。
収益にならない記事を書いたって。

問題解決に役立たなかったとしても、添えられた1枚の写真やちょっとした言葉が人を癒やしたり楽しませることだってきっとあるはず。

5年目の「茨城の片隅でフランス生活」は初心に返って肩の力を抜き、楽しみながら更新していこうと思います。写真1枚とひと言、みたいな記事も増えるかもしれませんが、これからもどうぞよろしくお願いします。

いばフラの家
現在のわが家

関連記事

スポンサーリンク
続けることの難しさ。茨城の片隅でフランス生活5年目に向けて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

一生モノという言葉にめっぽう弱い、クルマとキャンプ道具が好きな趣味に生きる男。 フォトグラファーやってます。 映画やテレビのロケに使えるくらいかわいい家を建てて、妻を三浦春馬に会わせてあげたい。